糖尿病の食事メニューはいまや通販の時代

とにかく毎日の食事が大変な苦労

この記事をシェアする

栄養士の診断の通り作らないといけない食事

とにかく管理栄養士の指示通りに作らなくてはいけない食事は非常に手間がかかり、そして気が抜けない作業の連続です。
まず調味料の計量から、総カロリーの制限を計算で出し、その通りに材料を買って調理をして提供するまでの作業はものすごく手間がかかります。
さらにはこれが毎日続くのですから、相当なストレスと過労がたまってしまうことになります。
これを一日たりとも破ることはできないのが看護のルールですので、それにしたがってやっていかなくてはなりません。
これを主婦一人で続けていくにはおのずと限界というものがあります。
やはりここは家族の協力が無くては乗り切ってはいけないでしょう。
他の家事は家族で分担製にするとか、病人食を作るのも家族が手伝うとか、そういった細かいところを改善するだけでも看護する人間の負担は大きく違うはずです。

食事を作る側にとっては負担が大きい

特に負担が大きいのが食事を毎日とにかく患者用と家族用に分けて作ることで、これを一人の人間が毎日やっているのでは当然体が持つはずがありません。
そこで一緒に住んでいる家族も病人食の作り方を覚える必要が出てきます。
これは男性でももちろん容赦は無く、必然的に協力して覚えてもらうことになります。
そうして食事当番を交代性にすることで、これだけでも看護している人の負担はものすごく軽くなるはずです。
こうした家族で共通の傷みを知ることが患者にとっても良い効果を生みますし、病気と付き合って必ずよくなろうという気持ちに繋がっていくはずです。
とにかく看護する人間一人に何もかも任せてしまうのは大変よろしくないことで、家族の協力は必然的に必要といえるでしょう。