糖尿病の食事メニューはいまや通販の時代

現在は糖尿病の食事メニューも通販の利用で大丈夫

この記事をシェアする

在宅で治療するのがもっとも厄介な糖尿病

病気にもいろいろ種類がありますが自宅療養の際にもっとも厄介で苦労するのが糖尿病の治療です。
とにかく糖尿病の自宅療養で一番大変なところは患者が毎日行なわなくてはならない自分で注射するインシュリン摂取の辛さと、更には徹底した食事制限による毎日の食事の摂取が大変です。
特に食事制限に関しては、管理栄養士の診断の通りに糖質はもちろん、塩分や栄養価の制限がありさらには総カロリーの摂取制限もあり、食事を作るほうがきっちり量を守って調理しなくてはならないものすごく負担の大きい作業になってしまいます。
しかもこれが毎日続くのですからものすごく気を使って料理しないといけないというストレスや心労はかなりのものがあります。

栄養士の指示通りに作らないといけない食事

そして一番ハードルを高くしているのが管理栄養士と医師による診断の通りに食事を作らなくてはいけないことが挙げられます。
この診断条件は非常に細かくまた厳密で、この通りに家庭で作るのはかなり難しいといわざる負えない数字になっています。
しかし間違った食事を患者に与え続ければ容態の悪化を生んでしまうことになり、手を抜くことは決して許されません。
これは看護する側にとってとても大きな負担増となり、この他にいつもの家事をこなして、しかも主婦が働いている場合はとてつもないストレスと披露を与えることになります。
こうなると華族に協力を仰ぐしか負担を軽くする方法は無いものと考えます。
家族が積極的になって家事の分担をしていかないと看護する側の負担は決して軽くはなりません。